ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

soundsc

データをスケーリングし、音声として再生

構文

  • soundsc(y)
  • soundsc(y,Fs)
  • soundsc(y,Fs,nBits)
  • soundsc(___,yRange)

説明

soundsc(y) は、音声信号 y の値を –1.0 ~ 1.0 の範囲に収まるようにスケーリングし、既定のサンプル レート 8192 Hz でスピーカーに送信します。soundsc は最初にデータをスケーリングすることによって、クリッピングせずに可能な限り大きな音でオーディオを再生します。データのダイナミック レンジの平均は、0 に設定されます。

soundsc(y,Fs) は、音声信号 y を、サンプル レート Fs でスピーカーに送信します。

soundsc(y,Fs,nBits) は、音声信号 y に対し、サンプルあたり nBits ビットを使用します。

soundsc(___,yRange) は、yRange が形式 [low,high] のベクトルである場合、lowhigh の間の y の値を音声範囲全体 [-1.0,1.0] に線形にスケーリングします。[low,high] の範囲外の値は、取り込みません。上記の構文のいずれかの入力引数を使用して yRange を使用することができます。

すべて展開する

既定のサンプルレートの再生サンプル データ

レート Fs のサンプル データ y を含む例題ファイル gong.mat を読み込み、オーディオを再生します。

load gong.mat;
soundsc(y);

特定のサンプルレートの再生サンプル データ

録音されたサンプル レートの倍で、ヘンデルの "ハレルヤ コーラス" の一部を再生します。

load handel.mat;
soundsc(y, 2*Fs);

特定のビット深度の再生サンプル データ

load handel.mat;
nBits = 16;
soundsc(y,Fs,nBits);

MATLAB® は、サンプルあたり 16 ビットのビット深度をもつスケーリング後のオーディオを再生します。

選択されたオーディオ データのスケーリング

load handel.mat;
yRange = [-0.7,0.7];
soundsc(y,yRange);

入力引数

すべて展開する

y - オーディオ データ列ベクトル | m 行 2 列の行列

オーディオ データ。単一チャンネル (モノ) 音声用の m 行 1 列のベクトルまたはステレオ再生用の m 行 2 列の行列として指定されます。ここで m はオーディオ サンプル数です。ym 行 2 列の行列である場合、1 列目は左チャンネルに対応し、2 列目は右チャンネルに対応します。ステレオ再生はシステムでサポートされている場合、利用可能です。

データ型:double

Fs - サンプル レート8192 (既定の設定) | 正の数値

オーディオ データ y のサンプル レート (Hz)。80 ~ 1000000 の正の数値で指定されます。

データ型:single | double

nBits - サンプル値のビット深度8 (既定の設定) | 16 | 24

サンプル値のビット深度。整数配列として指定されます。有効な値は、取り付けられているオーディオ ハードウェアに依存します。ほとんどのプラットフォームは、8 ビットまたは 16 ビットのビット深度をサポートしています。

yRange - スケーリングするオーディオ データの範囲[min(y),max(y)] (既定の設定) | 2 要素ベクトル

スケーリング対象のオーディオ データ範囲。フォーム [low,high] の 2 要素ベクトルとして指定されます。ここで low および high は範囲の下限と上限です。

例: [-0.8,0.8]

データ型:double

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 関数 sound は、すべての Windows® プラットフォームとほとんどの UNIX® プラットフォームのサウンド デバイスをサポートしています。

  • ほとんどのサウンドカードは、5 ~ 48 kHz のサンプル レートをサポートしています。この範囲外のサンプル レートを指定すると、予期せぬ結果が発生する可能性があります。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?