ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

savepath

現在の検索パスの保存

代替方法

関数 savepath を使用する代わりに、[パス設定] ダイアログ ボックスを使用します。

構文

savepath
savepath folderName/pathdef.m
status = savepath...

説明

savepath は、システム上のすべてのユーザーの MATLAB® 検索パスを更新し、将来のセッションで再使用できるようにします。関数 savepath は、検索パスを MATLAB がスタートアップ時に認識する pathdef.m ファイル、または pathdef.m ファイルが現在のフォルダーにある場合は、その現在のフォルダーに保存します。MATLAB を終了するたびにプログラムを使用して検索パスを保存するには、finish.m ファイルに savepath を使用します。Windows® システムでユーザー アカウント コントロール (UAC) が有効な場合、管理者レベルの権限が必要となるため、UAC によって更新操作を許可するように求められる場合があります。

savepath folderName/pathdef.m は、現在の検索パスを folderName のある pathdef.m に保存します。現在の pathdef.m ファイルに書き込みアクセス権限がない場合、この形式の構文を使用します。folderName を指定しない場合、pathdef.m は、MATLAB によって現在のフォルダーに保存されます。folderName は、相対パス名または絶対パス名のいずれを入力することもできます。将来のセッションで保存済みの検索パスを自動的に使用するには、folderName を MATLAB のスタートアップ フォルダーにします。

status = savepath... は、savepath が成功したときに 0 を返し、savepath が失敗したときに 1 を返します。

現在の検索パスを I:/my_matlab_files にある pathdef.m に以下のように保存します。

savepath I:/my_matlab_files/pathdef.m

参考

| | | | | | | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?