ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

release

COM インターフェイスの解放

構文

h.release
release(h)

説明

h.release は、インターフェイスとインターフェイスが用いるすべてのリソースを開放します。ハンドルは、インターフェイスが終了する際に解放しなければなりません。 解放されたインターフェイスは有効ではありません。MATLAB® は、そのインターフェイスを表すオブジェクトが使用されるとエラーを生成します。

release(h) は代替構文です。

インターフェイスを解放すると、そのオブジェクトの他のインターフェイスがアクティブである可能性があるため、コントロール自体は削除されません (関数 delete を参照)。

COM 関数は、Microsoft® Windows® システムでのみ使用可能です。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?