ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

randi

一様分布の疑似整数

構文

r = randi(imax,n)
r = randi(imax,m,n)
r = randi(imax,[m,n])
r = randi(imax,p1,...,pn)
r = randi(imax,[p1,...,pn])
r = randi(imax)
r = randi(imax,size(A))
r = randi([imin,imax],...)
r = randi(..., classname)

説明

r = randi(imax,n) は、区間 [1,imax] の離散一様分布から取り出される疑似乱数整数値を含む nn 列の行列を返します。

r = randi(imax,m,n)r = randi(imax,[m,n]) は、mn 列の数値行列を返します。mn は両方とも、非負の整数値でなければなりません。m または n のいずれかが負の場合、0 として扱われます。

r = randi(imax,p1,...,pn)r = randi(imax,[p1,...,pn]) は、n 次元の配列を返します。

r = randi(imax) は、1imax の間のスカラー値を返します。これは r = randi(imax,1) と同じです。

r = randi(imax,size(A)) は、A と同じサイズの配列を返します。

r = randi([imin,imax],...) は、間隔 [imin,imax] 上の離散一様分布から得られる整数値を含む配列を返します。

r = randi(..., classname) は、クラス classname の整数値の配列を返します。classname は、64 ビット整数をサポートしません。

サイズ引数 mn または p1,..., pn は、非負の整数として指定してください。負のサイズ値を渡すと、それは 0 として扱われます。

[imin,imax] のように 2 つの数値を使用して分布範囲を指定する場合、両方の数値は iminimax を満たす整数でなければなりません。上限 imax のみを使用して範囲を指定する場合、この上限は正の (0 より大きい) 整数でなければなりません。

関数 randi で生成された数列は、関数 randrandn、および randi に基づく一様乱数発生器の設定値によって定義されます。関数 randi は、各整数乱数値を生成するために 1 つの一様な乱数値を使用します。共有乱数発生器は、rng を使用して制御できます。

例 1

範囲設定が 1:10 の一様分布から、1001 列の整数値配列を生成します。

r = randi(10,100,1);

例 2

1:10 から一様に抽出される 1001 列の整数値配列を生成します。

r = randi(10,100,1,'uint32');

例 3

'-10:10 から一様に抽出される 1001 列の整数配列を生成します。

r = randi([-10 10],100,1);

例 4

randi が MATLAB® の起動時と同様に、同じ乱数を生成するように、関数 randrandi、および randn で使用される乱数発生器を既定の起動設定にリセットします。

rng('default');
randi(10,1,5)

ans =
     9    10     2    10     7

例 5

randrandi、および randn で使用される乱数発生器の設定を保存し、randi から 5 つの値を生成し、設定値を復元し、さらにこれらの値を繰り返します。

s = rng;
i1 = randi(10,1,5)
i1 =
     1     3     6    10    10
rng(s);
i2 = randi(10,1,5)
i2 =
     1     3     6    10    10

i2 は、i1 とまったく同じ値を含みます。

例 6

seed が指定された randrandi、および randn で使用される乱数発生器を現在の時間に基づいて再度初期化します。これを実行するたびに、randi は異なる値を返します。通常、この操作を MATLAB セッションごとに何度も実行する必要はありません。

rng('shuffle');
randi(10,1,5);

詳細

すべて展開する

ヒント

  • randi によって返される配列には、整数値の繰り返しが含まれる可能性があります。この動作は、復元抽出と呼ばれることがあります。すべての値が一意である必要がある場合は、randperm を使用します。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?