ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

printdlg

印刷ダイアログ ボックス

構文

printdlg
printdlg(fig)
printdlg('-crossplatform',fig)
printdlg('-setup',fig)

説明

printdlg は、現在の Figure を印刷します。

printdlg(fig) は、ハンドル fig により識別される Figure ウィンドウを印刷できるモーダル ダイアログ ボックスを作成します。Uimenu は印刷されないことに注意してください。

printdlg('-crossplatform',fig) は、Microsoft® Windows® コンピューターの組み込み印刷ダイアログ ボックスではなく、標準のクロスプラットフォーム MATLAB® の印刷ダイアログ ボックスを表示します。このオプションは、fig の引数の前に設定してください。

printdlg('-setup',fig) は、セットアップ モードで、印刷ダイアログを強制的に表示します。このオプションは旧式のため、将来のリリースでは削除される予定です。

    メモ:   新しいプリンターを設定する場合、オペレーティング システムのプリンター管理ユーティリティを使用します。既に設定されているプリンターが表示されない場合、MATLAB を再起動します。

    メモ:    モーダル ダイアログ ボックスを操作する前に、ユーザーは他のウィンドウの操作ができません。詳細は、MATLAB の「Figure Properties」の「WindowStyle」を参照してください。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?