ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pbaspect

プロット ボックスの縦横比の設定とクエリ

構文

pbaspect
pbaspect([aspect_ratio])
pbaspect('mode')
pbaspect('auto')
pbaspect('manual')
pbaspect(axes_handle,...)

説明

プロット ボックスの縦横比は、xy、および z 軸の相対サイズを指定します。

関数 pbaspect に引数を設定しない場合は、現在の Axes のプロット ボックスの縦横比を返します。

pbaspect([aspect_ratio]) は、現在の Axes のプロット ボックスの縦横比を指定した値に設定します。縦横比は、xy、および z 軸のサイズの比を表す 3 要素として指定してください。たとえば、値 [1 1 1] (既定の設定) は、プロット ボックスが立方体であることを示します (stretch-to-fill 機能が有効であれば、立方体として表示されない場合があります)。「ヒント」を参照してください。

pbaspect('mode') は、プロット ボックスの縦横比モードの現在値を返します。これは、auto (既定の設定) または manual のいずれかです。「注意」を参照してください。

pbaspect('auto') は、プロット ボックスの縦横比モードを auto に設定します。

pbaspect('manual') は、プロット ボックスの縦横比モードを manual に設定します。

pbaspect(axes_handle,...) は、最初の引数 axes_handle で識別できる Axes の設定またはクエリを行います。Axes のハンドル番号を指定しない場合は、pbaspect は現在の Axes に作用します。

関数 の表面プロットは、プロット ボックスの縦横比を説明するのに役立ちます。まず、プロットは –2 ≤ x ≤ 2、–2 ≤ y ≤ 2 の範囲で以下のように出力されます。

[x,y] = meshgrid([-2:.2:2]);
z = x.*exp(-x.^2 - y.^2);
surf(x,y,z)

プロット ボックスの縦横比をクエリすると、プロット ボックスが正方形であることがわかります。

pbaspect
ans = 
     1  1  1

MATLAB® が選択したデータの縦横比も参考にしてください。

daspect
ans = 
     4  4  1

プロット ボックスとデータの縦横比の関係を説明するために、データの縦横比を [1 1 1] に設定し、再度プロット ボックスの縦横比をクエリします。

daspect([1 1 1])

pbaspect
ans = 
     4  4  1

プロット ボックスの縦横比は、データの縦横比と合うように変更されています。プロット ボックスの縦横比も [1 1 1] にするには、次のようにします。

pbaspect([1 1 1])

プロット ボックスとデータの縦横比の両方を指定することにより、Axes の範囲がどのように変更されたかに注意してください。

stretch-to-fill を無効にするために、関数 pbaspect を使うこともできます。たとえば、1 つの Figure に 2 つのサブプロットを表示すると、surface プロットは詰め込まれて表示されます。stretch-to-fill を無効にするには、次のようにします。

upper_plot = subplot(211);
surf(x,y,z)
lower_plot = subplot(212);
surf(x,y,z)
pbaspect(upper_plot,'manual')

詳細

すべて展開する

ヒント

関数 pbaspect は、Axes オブジェクトのPlotBoxAspectRatioPlotBoxAspectRatioModeプロパティの値を設定またはクエリします。

プロット ボックスの縦横比モードが auto の場合、MATLAB ソフトウェアは比を [1 1 1] に設定しますが、データの縦横比、カメラの視野角度、またはカメラ軸の範囲の手動設定と合うように変更することがあります。さまざまなプロパティ間の関係についての一覧は、Axes のDataAspectRatioプロパティを参照してください。

プロット ボックスの縦横比の値を設定したり、プロット ボックスの縦横比モードを manual に設定すると、MATLAB の表示域に合わせる (Axes を表示域に合わせる) 機能が無効になります。これは、プロット ボックスの縦横比を現在の値

pbaspect(pbaspect)

に設定すると、グラフの外観を変更できることを意味します。stretch-to-fill については、axes のリファレンスの「注意」と、『3 次元可視化』マニュアルの「Axes の縦横比のプロパティ」と、『MATLAB グラフィックス』マニュアルの「縦横比の設定」を参照してください。

参考

| | | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?