ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

padecoef

時間遅延のパデ近似

構文

[num,den] = padecoef(T,N)

説明

[num,den] = padecoef(T,N) は、連続した時間遅延の N 次のパデ近似 T を伝達関数型で返します。行ベクトル num および den は、分子と分母の係数を s のべき乗の降順で含んでいます。これらはどちらも N 次の多項式です。

入力に対するクラス サポートT:

float: double, single

クラス サポート

入力 T は、タイプ single または double の浮動小数点値をサポートしています。

参照

[1] Golub, G. H. and C. F. Van Loan Matrix Computations, 3rd ed. Johns Hopkins University Press, Baltimore: 1996, pp. 572–574.

参考

この情報は役に立ちましたか?