ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nzmax

行列内の非ゼロ要素に対して割り当てられるストレージの総量

構文

n = nzmax(S)

説明

n = nzmax(S) は、0 以外の要素に割り当てられたストレージの量を返します。

S がスパース行列の場合 ...

nzmax(S) は、S の非ゼロ要素に割り当てられたストレージ数

S が非スパース行列の場合 ...

nzmax(S) = prod(size(S)).

nnz(S)nzmax(S) は、しばしば一致します。しかし、S がスパース行列の乗算やスパース行列の LU 分解のように、非スパースの行列要素を出力する演算によって作成された場合、実際に必要とされるよりも多くのストレージが割り当てられ、nzmax(S) はこれを反映した値になります。代わりに、sparse(i,j,s,m,n,nzmax) や簡略化した型の spalloc(m,n,nzmax) は、処理後の行列がスパースか非スパースかを予想して関数 nzmax を設定できます。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?