ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

normest

構文

nrm = normest(S)
nrm = normest(S,tol)
[nrm,count] = normest(...)

説明

この関数は、主にスパース行列用の関数ですが、大規模な非スパース行列にも正しく動作し、有用な関数です。

nrm = normest(S) は、行列 S の 2 ノルムを計算します。

nrm = normest(S,tol) は、既定の許容誤差 1.e-6 の代わりに、相対誤差 tol を使用します。tol の値は、推定値が適用できるかどうかを示す指標です。

[nrm,count] = normest(...) は、2 ノルムを計算し、使用されたベキ乗の反復数も返します。

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

ベキ乗の繰り返しは、行列 S とその転置 S' の反復乗法を行います。その反復は、2 つの連続的な計算が指定した相対許容誤差内で一致するまで実行されます。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?