ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.defDim

netCDF 次元を作成します。

構文

dimid = netcdf.defDim(ncid,dimname,dimlen)

説明

dimid = netcdf.defDim(ncid,dimname,dimlen) は、ncid によって指定される netCDF ファイルで新しい次元を作成します。ここで、dimname は次元の名前を指定する文字列であり、dimlen はその長さを指定する数値です。制限のない次元を定義するには、dimlen にあらかじめ定義された定数値 'NC_UNLIMITED' を指定し、関数 netcdf.getConstant を使用して値を取り出します。

関数 netcdf.defDim は、新しい次元に対応する数値 ID である dimid を返します。

この関数は、netCDF ライブラリ C API の nc_def_dim 関数に相当します。この関数を使用するには、netCDF プログラミング パラダイムを理解している必要があります。詳細は、netcdfを参照してください。

著作権に関する情報については、netcdfcopyright.txt ファイルと mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。

新しいファイルを作成し、ファイルで 2 つの次元を定義します。1 つは制限のない次元です。この例を実行するには、現在のフォルダーへの書き込み権限が必要です。

% Create a netCDF file.
ncid = netcdf.create('foo.nc','NC_NOCLOBBER')

% Define a dimension.
lat_dimID = netcdf.defDim(ncid,'latitude',360);

% Define an unlimited dimension.
long_dimID = netcdf.defDim(ncid,'longitude',...
		netcdf.getConstant('NC_UNLIMITED'));
この情報は役に立ちましたか?