ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ncwrite

NetCDF ファイルへのデータの書き込み

構文

ncwrite(filename,varname,vardata)
ncwrite(filename,varname,vardata,start,stride)

説明

ncwrite(filename,varname,vardata) は、NetCDF ファイル filename の既存の変数 varnamevardata の数値または文字データを書き込みます。ncwrite は、変数の先頭から vardata のデータの書き込みを開始し、必要に応じて無制限の次元を自動的に拡張します。

NetCDF ファイルまたは変数が存在しない場合は、nccreate を使用してあらかじめ NetCDF ファイルまたは変数を作成してください。

ncwrite(filename,varname,vardata,start,stride) は、start によって指定される位置で開始するファイル filename の既存の変数 varnamevardata を書き込みます。stride は書き込まれたデータの要素間の間隔を指定するオプション引数です。既存の変数にデータを付加する、あるいは部分データを書き込む場合は、この構文を使用します。

入力引数

filename

NetCDF ファイルの名前を指定するテキスト文字列。ファイルが存在しない場合は、まず nccreate を使用してそのファイルを作成してください。

varname

NetCDF ファイル内の変数名を指定するテキスト文字列。変数が存在しない場合は、まず nccreate を使用してその変数を作成してください。

vardata

NetCDF ファイル内の変数に書き込むデータ。

start

N 次元の変数の場合、start は開始位置を指定する、長さ N のインデックスのベクトルです。インデックスは 1 ベースです。

stride

(オプション) 要素間の間隔を指定する長さ N のベクトル。

既定値: 1 のベクトル

netcdf4_classic ファイルを新規作成して、次元のないスカラー変数を書き込みます。作成時刻をグローバル属性として追加します。

nccreate('myfile.nc','pi');
ncwrite('myfile.nc','pi',3.1);
ncwriteatt('myfile.nc','/','creation_time',datestr(now));
% overwrite existing data
ncwrite('myfile.nc','pi',3.1416);
ncdisp('myfile.nc');
 

制限のない次元に定義された変数を使用して、netcdf4_classic ファイルを作成します。変数にデータを徐々に書き込みます。

nccreate('myncfile.nc','vmark',...
         'Dimensions', {'time', inf, 'cols', 6},...
         'ChunkSize',  [3 3],...
         'DeflateLevel', 2);
ncwrite('myncfile.nc','vmark', eye(3),[1 1]);
varData = ncread('myncfile.nc','vmark');
disp(varData);
ncwrite('myncfile.nc','vmark',fliplr(eye(3)),[1 4]);
varData = ncread('myncfile.nc','vmark');
disp(varData);   

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 変数 varname が既に存在する場合、ncwritevardata のデータ型を受け付けて NetCDF 変数データ型と一致させます。

  • 変数 varname に属性 _FillValuescale_factor、または add_offset がある場合、ncwritedouble 形式のデータを受け付け、次の属性規則を順に適用した後で、vardata を NetCDF データ型にキャストします。

    1. vardata から add_offset 属性の値を減算します。

    2. vardatascale_factor 属性の値で除算します。

    3. vardataNaN_FillValue 属性の値で置き換えます。この属性が存在しない場合、ncwrite は、NetCDF ライブラリからの報告に従って、この変数の埋め込み値を使おうと試みます。

参考

| | | | |

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?