ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ncinfo

NetCDF データ ソースに関する情報を返します

構文

finfo = ncinfo(source)
vinfo = ncinfo(source,varname)
ginfo = ncinfo(source,groupname)

説明

finfo = ncinfo(source) は、source で指定された NetCDF データ ソース全体に関する情報を構造体 finfo に返します。ここで、ソースは NetCDF ファイルの名前または OPeNDAP NetCDF データ ソースの URL のいずれでもかまいません。

vinfo = ncinfo(source,varname) は、source 内の変数 varname に関する情報を構造体 vinfo に返します。

ginfo = ncinfo(source,groupname) は、source 内のグループ groupname に関する情報を構造体 ginfo に返します。

    メモ:   NetCDF ソースの視覚検査については ncdisp を使用します。

入力引数

source

NetCDF ファイルの名前または OPeNDAP NetCDF データ ソースの URL を指定するテキスト文字列。

varname

NetCDF ファイルまたは OPeNDAP データ ソース内の変数名を指定するテキスト文字列。

groupname

NetCDF ファイルまたは OPeNDAP データ ソース内のグループ名を指定するテキスト文字列。

出力引数

finfo

構造体には次のフィールドがあります。

フィールド説明 
FilenameNetCDF ファイル名または OPeNDAP URL 
Name'/' はファイル全体を示す 
Dimensions以下のフィールドを含む構造体の配列:
 Name次元名
 Length次元の現在の長さ
 Unlimitedbooleanフラグ (制限のない次元の場合、True)
Variables以下のフィールドを含む構造体の配列:
 Name変数名
 Dimensions関連次元
 Size現在の変数サイズ
 DatatypeMATLAB® データ型
 Attributes関連変数属性
 ChunkSize定義されている場合はチャンク サイズ。それ以外の場合は []
 FillValue変数の埋め込み値。
 DeflateLevel有効になっている場合は Deflate フィルター レベル。
 Shuffleシャッフル フィルター有効フラグ
Attributes以下のフィールドを含むグローバル属性の配列
 Name属性名
 Value属性値
Groupsnetcdf4 ファイルの場合は、ファイル内に存在するグループの配列。それ以外のすべての NetCDF ファイル形式の場合は、空配列 ([])。
FormatNetCDF ファイルの形式 

vinfo

finfo の変数フィールドのみを含んでいる構造体。

フィールド説明
FilenameNetCDF ファイル名
Name変数名
Dimensions変数の次元
Size現在の変数のサイズ
DatatypeMATLAB データ型
Attributes変数に関連付けられている属性
ChunkSize定義されている場合はチャンク サイズ。それ以外の場合は []
FillValue変数で使用されている埋め込み値。
DeflateLevel有効になっている場合は Deflate フィルター レベル。
Shuffleシャッフル フィルター有効フラグ
FormatNetCDF ファイルの形式

ginfo

finfo のグループ フィールドのみを含んでいる構造体。

フィールド説明
FilenameNetCDF ファイル名
Nameグループの名前
Dimensions指定されたグループに定義された次元のみ
Variables指定されたグループに定義された変数のみ
Attributes変数に関連付けられている属性
Groups定義されている場合はグループの名前。それ以外の場合は、[]
FormatNetCDF ファイルの形式

ファイルの名前が x という文字で始まる次元を検索します。

finfo = ncinfo('example.nc');
disp(finfo);
dimNames = {finfo.Dimensions.Name};
dimMatch = strncmpi(dimNames,'x',1);
disp(finfo.Dimensions(dimMatch));
 

変数のサイズを取得して、それが制限のない次元をもっているかどうか確認します。

vinfo = ncinfo('example.nc','peaks');
varSize = vinfo.Size;
disp(vinfo);
hasUnLimDim = any([vinfo.Dimensions.Unlimited]);
 

グループに定義されている制限のない次元をすべて見つけます。

ginfo = ncinfo('example.nc','/grid2/');
unlimDims = [ginfo.Dimensions.Unlimited];
disp(ginfo.Dimensions(unlimDims));

参考

| | | |

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?