ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

meta.method

meta.method クラスは、MATLAB のクラス メソッドを記述する

説明

meta.method クラスは、MATLAB® のクラス メソッドについての情報を提供します。meta.method クラスの読み込み/書き込みプロパティは、メソッド属性に相当し、クラス定義内からのみ設定されます。

meta.method オブジェクトの読み取り専用プロパティをクエリして、クラスによって構文的に指定された情報を取得することができます (メソッドを定義するクラスの名前を取得するなど)。

meta.method オブジェクトを直接インスタンス化することはできません。meta.method オブジェクトを meta.class MethodList プロパティから取得します。このプロパティには、meta.method オブジェクトの配列が含まれます。各クラス メソッドに対して 1 つのオブジェクトが対応します。たとえば、ClassName をクエリするメソッドのクラスの名前に置き換えます。

mco = ?ClassName;
mlist = mco.MethodList;
mlist(1).Name; % name of first method in the list

関数 metaclass を使用して、クラス インスタンスから meta.class オブジェクトを取得します。

mco = metaclass(obj);

プロパティ

プロパティ目的
Abstract

true の場合、メソッドは実体化されません。メソッドには、引数を含むことができる構文行があります。この構文行は、サブクラスがメソッドを実装するときに使用します。

  • サブクラスは、同数の入力引数と出力引数を定義する必要はありません。

  • メソッドは、function 行の後にコメントをもつことができます。

  • キーワード functionend を含みません。関数構文 (たとえば、[a,b] = myMethod(x,y)) のみを含みます。

Access 属性、既定の設定 = public

以下のように設定し、このメソッドを呼び出すことができるコードを指定します。

  • public — アクセス制限なし

  • protected - クラスまたはサブクラスのメソッドからのアクセス

  • private — (サブクラスからではなく) クラス メソッドのみによるアクセス

DefiningClassこのメソッドを定義するクラスを表す meta.class オブジェクト
Description 読み取り専用

現在使用されていません。

DetailedDescription 読み取り専用

現在使用されていません。

Hidden 属性、既定の設定 = false

false の場合、methods または methodsview コマンドを使用して表示されるメソッドのリストにそのメソッドの名前が表示されます。true に設定した場合、そのメソッドの名前はリストに含まれません。

Name 読み取り専用

メソッド名。

Sealed 属性、既定の設定 = falsetrue の場合、このメソッドはサブクラス内で再定義できません。サブクラス内で同じ名前のメソッドを定義しようとすると、エラーになります。
Static 属性、既定の設定 = false

true に設定された場合、クラスのオブジェクトに依存せずオブジェクト引数を必要としないメソッドを定義します。オブジェクトの代わりにクラス名を使用して静的メソッドを呼び出します。

classname.methodname()

または、他のメソッドのようにクラスのインスタンスを使用して呼び出します。

o.methodname()

「静的メソッド」を参照してください。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?