ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

run

クラス: matlab.unittest.TestRunner
パッケージ: matlab.unittest

配列 TestSuite 内のすべてのテストを実行

構文

result = run(runner,suite)

説明

result = run(runner,suite) は、配列 TestSuite を実行します。これは、TestRunner オブジェクトを使って suite で定義されます。このオブジェクトは runner で提供されます。結果は result に返されます。

このメソッドは、TestCase クラスの適切なメソッドをすべて実行して、フィクスチャのセットアップとテスト内容の実行を行います。このメソッドはエラーと適格性エラーを処理し、result に情報を記録します。

入力引数

runner

matlab.unittest.TestRunner オブジェクト。

suite

一連のテスト。配列 matlab.unittest.TestSuite として指定します。

出力引数

result

テストの実行結果を含む matlab.unittest.TestResult オブジェクト。resultsuite と同じサイズで、各要素は suite 内の対応する要素の結果です。

すべて展開する

パッケージ内のすべてのテストを実行

現在のインポート リストに matlab.unittest クラスを追加します。

import matlab.unittest.TestRunner;
import matlab.unittest.TestSuite;

テスト スイートと、テキストを表示するテスト ランナーを作成します。

suite = TestSuite.fromClass(?mypackage.MyTestClass);
runner = TestRunner.withTextOutput;

テスト スイートを実行します。

result = runner.run(suite)

参考

|

この情報は役に立ちましたか?