ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

assumeError

クラス: matlab.unittest.TestCase
パッケージ: matlab.unittest

関数が指定された例外をスローすると仮定する

構文

assumeError(assumable,actual,identifier)
assumeError(assumable,actual,metaClass)
assumeError(___,diagnostic)

説明

assumeError(assumable,actual,identifier) は、actualidentifier と等しいエラー識別子を伴う例外をスローする関数ハンドルであると仮定します

assumeError(assumable,actual,metaClass) は、actualmetaClass で指定された meta.class インスタンスで定義されているタイプの例外をスローする関数ハンドルであると仮定します。このメソッドでは、インスタンスがクラスと正確に一致する必要はありませんが、指定されたクラス階層内に存在しなければならず、階層は MException クラスを含んでいる必要があります。

assumeError(___,diagnostic) は失敗時に diagnostic の診断情報も表示します

ヒント

  • このメソッドは、以下と機能的に等価です。

    import matlab.unittest.constraints.Throws;
    assumable.assumeThat(actual, Throws(identifier));
    assumable.assumeThat(actual, Throws(metaClass));
    

    assumeThat を介して Throws 制約を直接使用した場合、使用できる機能の数が増えます。

入力引数

assumable

この matlab.unittest.TestCase インスタンスは、テストを実行しているフレームワークとの組み合わせで仮定が成功か失敗かを判定するために使用します。

actual

テストする値。

identifier

エラー識別子。文字列として指定します。

metaClass

meta.class のインスタンス。

diagnostic

失敗時に表示する診断情報。次のいずれかとして指定されます。

  • 文字列

  • 関数ハンドル

  • matlab.unittest.diagnostics.Diagnostic オブジェクト

診断値は、非スカラー値になることがあります。詳細は、matlab.unittest.diagnostics.Diagnosticmatlab.unittest.diagnostics.Diagnostic を参照してください。

詳細は、verifyError の例を参照してください。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?