ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addTeardown

クラス: matlab.unittest.TestCase
パッケージ: matlab.unittest

分解ルーチンを動的に追加

構文

addTeardown(testCase,tearDownFcn)
addTeardown(testCase,tearDownFcn,arg1,...,argN)

説明

addTeardown(testCase,tearDownFcn) は、フィクスチャ分解コードを定義する関数ハンドル tearDownFcntestCase インスタンスに追加します。分解コードは追加された順序とは逆の順序で実行されます。これを LIFO (後入れ先出し法) と呼びます。

addTeardown(testCase,tearDownFcn,arg1,...,argN)

入力引数

testCase

matlab.unittest.TestCase インスタンス

tearDownFcn

フィクスチャ分解コードを定義する関数。関数ハンドルとして指定します。

arg1,...,argN

tearDownFcn に必要な 1 ~ N 番目 (存在する場合) の入力引数。任意のタイプで指定します。引数のタイプは、関数引数のリストで指定します。

すべて展開する

TestMethodSetup メソッドでの addTeardown の呼び出し

classdef SomeTest < matlab.unittest.TestCase
 
    methods(TestMethodSetup)
        function createFixture(testCase)
            p = path;
            testCase.addTeardown(@path, p);
            addpath(fullfile(pwd,'testHelpers'));
        end
    end
end
この情報は役に立ちましたか?