ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.io.fits.writeKeyUnit

物理単位文字列の書き込み

構文

writeKeyUnit(fptr,keyname,unit)

説明

writeKeyUnit(fptr,keyname,unit) は、既存キーワードに物理単位文字列を書き込みます。

この関数は、CFITSIO ライブラリ C API の関数 fits_write_key_unit (ffpunt) に相当します。

import matlab.io.*
fptr = fits.createFile('myFitsFile.fits');
fits.createImg(fptr,'long_img',[10 20]);
fits.writeKey(fptr,'VELOCITY',12.3,'orbital speed');
fits.writeKeyUnit(fptr,'VELOCITY','km/s');
fits.closeFile(fptr);

参考

この情報は役に立ちましたか?