ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.io.fits.writeKey

現在の HDU への新しいキーワードの更新または追加

構文

writeKey(fptr,keyname,value,comment)
writeKey(fptr,keyname,value,comment,decimals)

説明

writeKey(fptr,keyname,value,comment) は、現在の HDU に新しいレコードを追加するか、レコードが既に存在する場合は更新します。comment はオプションです。

writeKey(fptr,keyname,value,comment,decimals) は、現在の HDU に新しい浮動小数点キーワードを追加するか、キーワードが既に存在する場合は更新します。虚数部を含むキーワードを書き込むには、この構文を使用しなければなりません。それ以外の場合、decimals は無視されます。

文字 value の長さが 68 文字を超えると、LONGWARN 規則が自動的に採用されます。

この関数は、CFITSIO ライブラリ C API の関数群 fits_write_key (ffpky)fits_update_key (ffuky) に相当します。

import matlab.io.*
fptr = fits.createFile('myfile.fits');
fits.createImg(fptr,'byte_img',[100 200]);
fits.writeKey(fptr,'mykey1','a char value','with a comment');
fits.writeKey(fptr,'mykey2',int32(1));
fits.writeKey(fptr,'mykey3',5+7*j,'with another comment');
fits.writeKey(fptr,'mykey4',4/3,'with yet another comment',2);
fits.closeFile(fptr);
fitsdisp('myfile.fits','mode','full');

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?