ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.io.fits.readBTblHdr

現在のバイナリ テーブルからのヘッダー情報の読み取り

構文

[nrows,ttype,tform,tunit,extname,pcount] = readBTblHdr(fptr)

説明

[nrows,ttype,tform,tunit,extname,pcount] = readBTblHdr(fptr) は、現在のバイナリ テーブルのヘッダー情報を読み取ります。

この関数は、CFITSIO ライブラリ C API の関数 fits_read_btblhdrll (ffghbnll) に相当します。

import matlab.io.*
fptr = fits.openFile('tst0012.fits');
fits.movAbsHDU(fptr,2);
[nrows,ttype,tform,tunit,extname,pcount] = fits.readBTblHdr(fptr);
fits.closeFile(fptr);

参考

この情報は役に立ちましたか?