ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.exception.JavaException クラス

パッケージ: matlab.exception

Java 例外のエラー情報の取得

説明

matlab.exception.JavaException オブジェクトからの情報を処理し、MATLAB® から呼び出された Java® メソッドがスローした Java エラーを処理します。このクラスは MException から派生します。

構築

e = matlab.exception.JavaException(msgID,errMsg,excObj)matlab.exception.JavaException クラスの e インスタンスを作成します。

入力引数

msgID

メッセージ識別子

errMsg

エラー メッセージの文字列

excObj

例外の原因となった java.lang.Throwable オブジェクト

出力引数

e

matlab.exception.JavaException クラスのインスタンス

プロパティ

ExceptionObject

エラーの原因となった Java 例外オブジェクト。

ヒント

  • 通常、matlab.exception.JavaException オブジェクトを明示的に作成することはありません。Java が例外をスローするたびに、MATLAB が自動的に JavaException オブジェクトを作成します。JavaException オブジェクトには元の Java 例外が含まれています。

セマンティクスのコピー

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、MATLAB ドキュメンテーションの「オブジェクトのコピー」を参照してください。

try
    java.lang.Class.forName('foo');
catch e
    e.message
    if(isa(e, 'matlab.exception.JavaException'))
        ex = e.ExceptionObject;
        assert(isJava(ex));
        ex.printStackTrace;
    end
end

詳細

この情報は役に立ちましたか?