ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lookfor

すべてのヘルプ項目のキーワード検索

代替方法

関数 lookfor を使用する代わりに、「関数ブラウザー」を使用します。

構文

lookfor topic
lookfor topic -all

説明

lookfor topic は、検索パス上にあるすべての MATLAB® プログラム ファイル内で、ヘルプ テキストの最初のコメント行 (H1 行) から文字列 topic を検索します。関数 lookfor は、一致したすべてのファイルの H1 行を表示します。

lookfor topic -all は、MATLAB プログラム ファイルの最初のコメント ブロック全体から topic を検索します。

以下に例を示します。

lookfor inverse

上記によって、"inverse hyperbolic cosine"、"two-dimensional inverse FFT"、"pseudoinverse" などを含む H1 行を含むものが、少なくとも数 10 個見つけられます。これと、

which inverse 

または

what inverse

を比べてみてください。これらのコマンドの方が実行が速いですが、おそらく、MATLAB には、関数 inverse がないため一致を見つけられません。

関数 what は指定されたフォルダー内の関数を表示し、関数 which は、指定された関数またはファイルが含まれるフォルダーを見つけ、関数 lookfor は、指定されたキーワードをもつすべてのフォルダーのすべての関数を見つけます。

関数 lookfor より範囲が広いのは、現在のフォルダー ブラウザーの検索機能です。これは、現在のフォルダーおよびサブフォルダー内のすべての MATLAB プログラム ファイル内で、指定した用語をすべて検索します。詳細は、「ファイルやフォルダーの検索」を参照してください。

参考

| | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?