ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

keyboard

キーボードからの入力

構文

keyboard

説明

keyboard をプログラムの .m ファイルに配置すると、ファイルの実行を停止し、キーボードにコントロールを渡します。このときのステータスは、プロンプトの前に K が表示されることで示されます。このステータスで変数を調べ、変更することができます。すべての MATLAB® コマンドを使用できます。このキーボード モードは、関数をデバッグするときに役立ちます。

キーボード モードを終了するには、return と入力し、Enter キーを押します。キーボード モードを終了して関数を終了するには、dbquit と入力し、Enter キーを押します。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?