ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isspace

空白文字である配列要素

構文

tf = isspace('str')

説明

tf = isspace('str') は、str の要素が Unicode® 空白文字の場合は論理値 1 (true)、それ以外の場合は論理値 0 (false) を含む、'str' と同じサイズの配列を返します。

isspacetrue を返す対象の空白文字には、いくつかの他の Unicode 文字に加えて、タブ、改行、垂直タブ、フォーム フィード、キャリッジ リターン、スペースなどがあります。isspacetrue を返すすべての文字を確認するには、次のコマンドを入力し、返された 10 進コードを Unicode リファレンスで検索します。

find(isspace(char(1):char(intmax('uint16'))))

isspace('  Find spa ces ')
  Columns 1 through 13 
     1   1   0   0   0   0   1   0   0   0   1   0   0
  Columns 14 through 15 
     0   1

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?