ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isequaln

NaN の値を等しいものとして配列の等価性を判別

構文

  • tf = isequaln(A,B)
  • tf = isequaln(A1,A2,...,An)

説明

tf = isequaln(A,B) は、AB が同じサイズであり、その内容が等価である場合は論理値 1 (true) を返します。そうでない場合は論理値 0 (false) を返します。このテストでは、数値配列の実数部と虚数部の両方が比較されます。isequaln は、等価性を判別する際に、値のデータ型を無視します。セル配列、カテゴリカル配列、テーブルまたは構造体に対しては、すべての要素とプロパティが数値的に等しい場合にだけ、この関数は論理値 1 (true) を返します。未定義のカテゴリカル要素または NaN (非数) 値は、他のそのような値と等価であると見なされます。

tf = isequaln(A1,A2,...,An) は、すべての入力が数値的に等しい場合、論理値 1 (true) を返します。

すべて展開する

2 つの数値行列の比較

2 つの数値行列を作成し、等価性を比較します。

A = zeros(3,3)+1e-20;
B = zeros(3,3);
tf = isequaln(A,B)
tf =

     0

行列がごくわずか異なっていて、"厳密に" 同じでないため、この関数は論理値 0 (false) を返します。

2 つの構造体の比較

2 つの構造体を作成し、異なる順序でフィールドを指定します。

A = struct('field1',0.005,'field2',2500);
B = struct('field2',2500,'field1',0.005);

構造体の等価性を比較します。

tf = isequaln(A,B)
tf =

     1

各構造体のフィールドの順序が異なる場合でも、値は同じなので、isequaln はそれらを同じであると扱います。

数値と数値以外の特別な値の比較

論理値 true を double の整数 1 と比較します。

isequaln(true,1)
ans =

     1

isequaln は、等価性をテストするときに、データ型を考慮しません。

同様に、'A' を ASCII 等価整数 65 と比較します。

isequaln('A',65)
ans =

     1

double('A')65 と等しいため、結果は論理値 1 (true) です。

NaN 値を含むベクトルの比較

NaN 値を含む 3 つのベクトルを作成します。

A1 = [1 NaN NaN];
A2 = [1 NaN NaN];
A3 = [1 NaN NaN];

ベクトルの等価性を比較します。

tf = isequaln(A1,A2,A3)
tf =

     1

isequaln が NaN 値同士を等価として扱うため、結果は論理値 1 (true) になります。

入力引数

すべて展開する

A,B - 比較する入力数値配列 | カテゴリカル配列 | セル配列 | テーブル | 構造体 | ...

比較する入力。数値配列、カテゴリカル配列、セル配列、テーブルまたは構造体として指定します。また、入力を論理配列、文字配列またはオブジェクトとして指定することもできます。AB の数値型は一致している必要はありません。

カテゴリカル配列を、同じサイズの文字列のセル配列と比較したり、単一のカテゴリカル要素を単一の文字列と比較することができます。

入力 A と入力 B"両方とも" 以下の場合:

  • 構造体 - 内容が同じである限り、フィールドは同じ順番である必要はありません。

  • 順序カテゴリカル配列 - 順序を含めて同じカテゴリ セットでなければなりません。

  • 順序でないカテゴリカル配列の場合 - カテゴリ セットは異なっていてもかまいません。isequaln は、要素の各ペアのカテゴリ名を比較します。

  • 異なるクラスのオブジェクト - isequaln は、論理値 0 (false) を返します。これは、オブジェクトが同じプロパティと値を一致させているときにでも適用されます。

A1,A2,...,An - 比較する一連の入力数値配列 | カテゴリカル配列 | セル配列 | テーブル | 構造体 | ...

比較する一連の入力。数値配列、カテゴリカル配列、セル配列、テーブルまたは構造体として指定します。また、入力を論理配列、文字配列またはオブジェクトとして指定することもできます。入力の数値型は一致している必要はありません。

カテゴリカル配列を、同じサイズの文字列のセル配列と比較したり、単一のカテゴリカル要素を単一の文字列と比較することができます。

入力が "すべて" 以下の場合:

  • 構造体 - 内容が同じである限り、フィールドは同じ順番である必要はありません。

  • 順序カテゴリカル配列 - 順序を含めて同じカテゴリ セットでなければなりません。

  • 順序でないカテゴリカル配列の場合 - カテゴリ セットは異なっていてもかまいません。isequaln は、要素の各ペアのカテゴリ名を比較します。

  • 異なるクラスのオブジェクト - isequaln は、論理値 0 (false) を返します。これは、オブジェクトが同じプロパティと値を一致させているときにでも適用されます。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • ハンドル オブジェクトを比較する場合は、== を使用して、オブジェクトが同じハンドルをもつかどうかをテストします。isequaln を使用して NaN 値が等価であると扱い、異なるハンドルをもつオブジェクトが等しいプロパティ値をもつかどうかを判定します。

  • 等価性をテストする場合、NaN の値を等価でないとして扱うには、isequal を使用します。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?