ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

interpft

FFT (高速フーリエ変換) 法を使った 1 次元内挿

構文

y = interpft(x,n)
y = interpft(x,n,dim)

説明

y = interpft(x,n) は、等間隔の n 点でリサンプリングされた周期関数の x の値からなるベクトル y を返します。

length(x) = m で、x のサンプリング間隔が dx の場合、y の新しいサンプリング間隔は、dy = dx*m/n のようになります。nm より小さくすることはできないので注意してください。

X が行列の場合、関数 interpft は、X の列に対して演算を行い、X と同じ列数、n 個の行をもつ行列 Y を返します。

y = interpft(x,n,dim) は、指定された次元に沿って適用されます。

内挿ファクター 5 を使用して、三角形のような信号を内挿します。最初に、内挿する信号を設定します。

y = [0 .5 1 1.5 2 1.5 1 .5 0 -.5 -1 -1.5 -2 -1.5 -1 -.5 0];
N = length(y);

内挿を実行します。

L = 5;
M = N*L;
x = 0:L:L*N-1;
xi = 0:M-1;
yi = interpft(y,M);
plot(x,y,'o',xi,yi,'*')
legend('Original data','Interpolated data')

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

interpft コマンドは FFT 法を使用します。オリジナル ベクトル x は、fft を使ってフーリエ領域に変換され、より多くのサンプル点を使って逆変換します。

参考

この情報は役に立ちましたか?