ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hsv2rgb

HSV カラーマップを RGB カラーマップに変換

構文

M = hsv2rgb(H)
rgb_image = hsv2rgb(hsv_image)

説明

M = hsv2rgb(H) は色相-彩度-明度 (HSV) カラーマップを赤-緑-青 (RGB) カラーマップに変換します。Hm 行 3 列の行列で、m はカラーマップの色の数です。H の各列はそれぞれ色相、彩度、明度を表しています。Mm 行 3 列の行列です。各列は、それぞれ、赤、緑、青の強度を表しています。

rgb_image = hsv2rgb(hsv_image) は HSV イメージを等価な RGB イメージに変換します。HSV は、m x n x 3 のサイズのイメージ配列で、その 3 つの平面は、色相-彩度-明度要素を含みます。RGB は、m x n x 3 のサイズのイメージ配列として、3 つの平面は、赤、緑、青を含んだものを返します。

詳細

すべて展開する

ヒント

H(:,1) が、0 から 1 まで変化するにつれて、最終的な色は、赤から黄、緑、シアン、青、マゼンタを経て赤に戻ります。H(:,2) が 0 のとき、色は飽和していません (つまり、グレーがかっています)。H(:,2) が 1 のとき、色は十分に飽和しています (つまり、白色成分が混在していません)。H(:,3) が 0 から 1 まで変化するにつれて、輝度が増加します。

MATLAB®hsv カラーマップは、hsv2rgb([huesaturationvalue]) を使います。ここで、hue は、0 から 1 までの線形ランプで、saturationvalue は、すべての要素が 1 です。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?