ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

horzcat (tscollection)

tscollection オブジェクトの水平方向の連結

構文

tsc = horzcat(tsc1,tsc2,...)

説明

tsc = horzcat(tsc1,tsc2,...) tscollection オブジェクトの水平方向の連結を実行します。

tsc = [tsc1 tsc2 ...]

この処理は、複数の tscollection オブジェクトを重ね合わせます。このとき、このオブジェクトは同じ時間ベクトルをもたなければならず、すべての連結されたコレクションから timeseries オブジェクトをもつ単一の tscollection へ重ね合わせます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?