ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

H5T.is_variable_str

データ型が可変長文字列であるかどうかを判別

構文

output = H5T.is_variable_str(type_id)

説明

output = H5T.is_variable_str(type_id) は、type_id によって指定されたデータ型が可変長文字列の場合は正の値を返し、そうでない場合はゼロを返します。負の数値である場合は失敗したことを示します。

fid = H5F.open('example.h5');
dset_id = H5D.open(fid,'/g3/VLstring2D');
type_id = H5D.get_type(dset_id);
if H5T.is_variable_str(type_id) > 0
    fprintf('variable length string\n');
end

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?