ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

H5R.dereference

参照によって指定されたオブジェクトを開く

構文

output = H5R.dereference(dataset,ref_type,ref)

説明

output = H5R.dereference(dataset,ref_type,ref) は、dataset によって指定されたデータセット内の ref によって指定されたオブジェクトへの識別子を返します。

plist = 'H5P_DEFAULT';
space = 'H5S_ALL';
fid = H5F.open('example.h5');
dset_id = H5D.open(fid,'/g3/reference');
ref_data = H5D.read(dset_id,'H5T_STD_REF_OBJ',space,space,plist);
deref_dset_id = H5R.dereference(dset_id,'H5R_OBJECT',ref_data(:,1));
H5D.close(dset_id);
H5D.close(deref_dset_id);
H5F.close(fid);

参考

|

この情報は役に立ちましたか?