ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

H5P.set_layout

データセットのストレージのタイプの設定

構文

H5P.set_layout(dcpl,layout)

説明

H5P.set_layout(dcpl,layout) は、データセット作成プロパティ リスト dcpl の生データの格納に使用するストレージのタイプを設定します。引数 layout は、生データの次のいずれかのストレージ レイアウトのタイプを指定します。H5D_COMPACTH5D_CONTIGUOUS または H5D_CHUNKED

  fid = H5F.create('myfile.h5');
  type_id = H5T.copy('H5T_NATIVE_DOUBLE');
  dims = [100 200];
  h5_dims = fliplr(dims);
  space_id = H5S.create_simple(2,dims,[]);
  dcpl = H5P.create('H5P_DATASET_CREATE');
  layout = H5ML.get_constant_value('H5D_CONTIGUOUS');
  H5P.set_layout(dcpl,layout);
  dset_id = H5D.create(fid,'DS',type_id,space_id,dcpl);
  H5D.close(dset_id);
  H5F.close(fid);

参考

|

この情報は役に立ちましたか?