ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getappdata

アプリケーション定義データの値

構文

value = getappdata(h,'name')
values = getappdata(h)

説明

value = getappdata(h,'name') は、name で指定された名前をもつアプリケーション定義データの値を、ハンドル h をもつオブジェクトで取得します。アプリケーション定義データが存在しない場合、MATLAB® ソフトウェアは空行列を value に返します。

values = getappdata(h) はハンドル h をもつオブジェクトのアプリケーション定義データをすべて返します。

定義

アプリケーション定義データは、ユーザー アプリケーションにとって重要なデータまたはユーザー アプリケーションで定義されるデータで、AppData プロパティを介して、Figure や GUI コンポーネント (ActiveX® コントロールを除く) に付加されます。MATLAB の Handle Graphics® オブジェクトのみがこのプロパティを使用します。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?