ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gcf

現在の Figure ハンドル番号の取得

構文

説明

h = gcf現在の Figure のハンドルを返します。複数の Figure が存在する場合、h は最後に作成された Figure か、最後にマウスでクリックされた Figure のハンドルです。Figure が存在しない場合、gcf は Figure を作成し、そのハンドルを返します。

すべて展開する

現在の Figure のプロパティの指定

gcf コマンドを使用して、現在の Figure の背景色を設定し、ツール バーを削除します。

figure
surf(peaks);
set(gcf,'Color',[0,0.5,0.5],...
        'Toolbar','none')

詳細

すべて展開する

現在の Figure

現在の Figure は、グラフィックス出力のターゲットです。これは、plottitlesurf などのグラフィックス コマンドが結果を描画する Figure ウィンドウです。通常は、最後に作成された Figure か、最後にマウスでクリックされた Figure です。

ヒント

  • Figure プロパティの一覧を確認するには、get(gcf) を実行するか、Figure Properties を参照してください。

  • Figure が存在しない場合に Figure の作成を強制せずに現在の Figure のハンドルを取得するには、Root オブジェクトの CurrentFigure のプロパティをクエリします。

    h = get(0,'CurrentFigure')

    MATLAB® は、現在の Figure が存在しない場合には、h を空の配列として返します。

  • 現在の Figure はユーザーの操作によって変更できます。現在の Figure に確実にアクセスするには、Figure ハンドルをプログラム コードに保存し、このハンドルを gcf の代わりに使用します。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?