ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gcbf

コールバックを実行しているオブジェクトを含む Figure のハンドル

構文

fig = gcbf

説明

fig = gcbf はコールバックを現在実行しているオブジェクトを含む Figure のハンドルを返します。このオブジェクトは Figure そのものでもかまいません。その場合には、関数 gcbf はその Figure のハンドルを返します。

実行しているコールバックがない場合、関数 gcbf は、空行列 [] を返します。

関数 gcbf によって返される値は、関数 gcbo によって返される figure 出力引数と同じです。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?