ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

Y = gamma(X)

定義

関数 gamma は、次の積分式によって定義されます。

関数 gamma は、関数 factorial を内挿します。整数 n に対して、次のようになります。

gamma(n+1) = n! = prod(1:n)

説明

Y = gamma(X)X の要素に対する関数 gamma を返します。X は実数でなければなりません。

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

関数 gamma の計算は [1] に概説されているアルゴリズムに基づいています。A の値に応じて、さまざまなミニマックス有理数近似が使用されます。

参照

[1] Cody, J., An Overview of Software Development for Special Functions, Lecture Notes in Mathematics, 506, Numerical Analysis Dundee, G. A. Watson (ed.), Springer Verlag, Berlin, 1976.

[2] Abramowitz, M. and I.A. Stegun, Handbook of Mathematical Functions, National Bureau of Standards, Applied Math. Series #55, Dover Publications, 1965, sec. 6.5.

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?