ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

flipud

行列の上下の反転

構文

B = flipud(A)

説明

B = flipud(A) は、A の行を上下方向、すなわち水平軸回りに反転させた結果を返します。

A が列ベクトルの場合、関数 flipud(A) は、同じ長さで要素の順序を逆にしたベクトルを返します。A が行ベクトルの場合には、関数 flipud(A) はそのまま A を返します。

A が、3 行 2 列の行列の場合

A =
    1    4
    2    5
    3    6

関数 flipud(A) は、以下を出力します。

    3    6
    2    5
    1    4

A が列ベクトルの場合

A =
    3
    5
    7

関数 flipud(A) は、以下を出力します。

A =
    7
    5
    3

制限

演算の対象となる配列は、2 次元以下である必要があります。多次元配列を反転するための軸が定義できないためにこの制限が存在します。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?