ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

flintmax

浮動小数点形式の最大連続整数

構文

  • f = flintmax
  • f = flintmax(precision)

説明

f = flintmax は、IEEE® 倍精度の最大連続整数、つまり 2^53 を返します。倍精度形式は、この値を超える整数精度をもたないため、一部の整数を正しく表現できません。

f = flintmax(precision) は、IEEE 単精度または倍精度の最大連続整数を返します。flintmax は、単精度に対しては single(2^24)、倍精度に対しては 2^53 を返します。

すべて展開する

double

IEEE 倍精度の最大連続整数を返します。

format long e
f = flintmax
f =

     9.007199254740992e+15

これは 2^53 です。

single

IEEE 単精度の最大連続整数を返します。

f = flintmax('single')
f =

    16777216

これは single(2^24) です。

f のクラスをチェックします。

class(f)
ans =

single

単精度整数の限界

flintmax('single') によって返される値よりも大きい値では、一部の整数を単精度で正確に表すことができません。

IEEE 単精度の最大連続整数を返します。

f = flintmax('single')
f =

    16777216

これは single(2^24) です。

flintmax から返された値に 1 を加算します。

f1 = f + 1
f1 =

    16777216

f1 は、f と同じ結果になります。

isequal(f,f1)
ans =

     1

flintmax から返された値に 2 を加算します。

f2 = f + 2
f2 =

    16777218

16777218 は単精度で正確に表されますが、16777217 は単精度で正確に表されません。

入力引数

すべて展開する

precision - 浮動小数点精度型‘double’ (既定の設定) | ‘single’

浮動小数点精度型。'double' または 'single' として指定します。

データ型:char

出力引数

すべて展開する

f - 浮動小数点形式の最大連続整数スカラー定数

スカラー定数として返される、浮動小数点形式の最大連続整数。この定数は、倍精度の場合は 2^53、単精度の場合は single(2^24) です。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?