ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ezpolar

簡単な極座標プロット表示法

構文

ezpolar(fun)
ezpolar(fun,[a,b])
ezpolar(axes_handle,...)
h = ezpolar(...)

説明

ezpolar(fun) は、既定の領域 0 < theta < 2π で、極座標曲線 rho = fun(theta) をプロットします。

fun には、関数ハンドルまたは文字列を指定できます (「ヒント」の節を参照)。

ezpolar(fun,[a,b]) は、a < theta < bfun をプロットします。

ezpolar(axes_handle,...) は、現在の Axes (関数 gca) の代わりにハンドル axes_handle をもつ Axes にプロットします。

h = ezpolar(...) は、Line オブジェクトのハンドルを h に返します。

すべて展開する

数学関数の極座標プロット

関数 $1+\cos(t)$ を領域 $[0,2\pi]$ でプロットします。

figure
ezpolar('1+cos(t)')

詳細

すべて展開する

ヒント

関数を文字列として渡す

配列の乗算、除算、および指数の計算が、関数 ezpolar に転送される式の中で、常に行われています。たとえば、以下の式のプロットに対する MATLAB® 構文は、

t.^2.*cos(t)

暗黙的に定義された関数を表し、以下のように記述されます。

ezpolar('t^2*cos(t)')

これは、t^2 が、関数 ezpolar に渡す文字列の t.^2 として解釈されます。

関数ハンドルを渡す

関数ハンドル引数は、MATLAB 構文を使用する関数を示さなければなりません。たとえば、以下のステートメントは、無名関数を示し、関数ハンドル fh を関数 ezpolar に渡します。

fh = @(t) t.^2.*cos(t);
ezpolar(fh)

関数ハンドルを使用する場合、関数 ezpolar は、文字列入力と同様に、構文を変更しないので、配列べき乗、配列乗算、および配列除算演算子 (.^, .*, ./) を使用しなければなりません。

追加引数を渡す

関数で、たとえば、myfunk1 および k2 などの追加パラメーターが使用される場合、

function s = myfun(t,k1,k2)
s = sin(k1*t).*cos(k2*t);

無名関数を使用して、パラメーターを指定することができます。

ezpolar(@(t)myfun(t,2,3))

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?