ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

exifread

EXIF 情報を JPEG および TIFF イメージ ファイルから読み込む

構文

output = exifread(filename)

    メモ:   exifread は将来のリリースで削除されます。代わりに imfinfo を使用してください。

説明

output = exifread(filename) は、文字列 filename で指定されたファイルから、Exchangeable Image File Format (EXIF) データを読み取ります。filename は、JPEG または TIFF イメージ ファイルを指定しなければなりません。output は、imagefile のイメージに関するメタデータ値を含んでいる構造体です。

    メモ:   関数 exifread は、すべての EXIF タグを返しますが、タグの処理は行いません。

EXIF は、デジタル カメラ メーカーにより使用される、情報をイメージ ファイルに格納するときの規格です。この情報は、カメラの生産やモデル、写真が撮られデジタル化された時刻、イメージの解像度、露光時間、焦点距離などです。EXIF およびメタデータ属性の意味の詳細は、http://www.exif.org/ を参照してください。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?