ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

errorbar

曲線に沿って誤差範囲をプロット

構文

errorbar(Y,E)
errorbar(X,Y,E)
errorbar(X,Y,L,U)
errorbar(...,LineSpec)
h = errorbar(...)

説明

誤差範囲は、曲線に沿って、データの信頼区間や偏差を表示します。

errorbar(Y,E) は、Y をプロットし、Y の各要素に対して誤差範囲を描画します。誤差範囲は、両方向のバーが対称で長さが 2*E(i) になる曲線の上下に付ける E(i) の長さのバーです。

errorbar(X,Y,E) は、X に対して Y をプロットし、それに長さが 2*E(i) の対称な誤差範囲を付けます。XYE は、同じサイズでなければなりません。これらがベクトルのとき、各誤差範囲は、(X(i),Y(i)) で定義される点の上下に長さ E(i) のバーになります。これらが行列のとき、各誤差範囲は、(X(i,j),Y(i,j)) で定義される点の上下に長さ E(i,j) のバーになります。

errorbar(X,Y,L,U) は、誤差範囲の上限と下限を示す L(i)+U(i) で誤差範囲の長さを指定して、Y に対して X をプロットします。XYL、および U は、同じサイズでなければなりません。これらがベクトルのとき、各誤差範囲は、(X(i),Y(i)) で定義される点の下に長さ L(i)、上に長さ U(i) のバーになります。これらがベクトルのとき、各誤差範囲は、(X(i,j),Y(i,j)) で定義される点の下に長さ L(i,j)、上に長さ U(i,j) のバーになります。

errorbar(...,LineSpec) は、文字列 'LineSpec' で指定される色とライン スタイルを使用します。この色は、データ ラインおよび誤差範囲に適用され、ラインスタイルは、データ ラインのみに適用されます。スタイルの例については、関数 linespec を参照してください。

h = errorbar(...) は、作成される errorbarseries オブジェクトのハンドルを返します。関数 errorbar は、ベクトル入力引数にオブジェクトを 1 つ、また行列入力引数の列ごとにオブジェクトを 1 つ作成します。詳細は、関数 errorbarseries properties を参照してください。

引数が、すべて行列のとき、関数 errorbar は 1 つの行列の列ごとに 1 つのラインを描画します。XY がベクトルのとき、1 つの曲線を指定します。

すべて展開する

対称な誤差範囲

長さが標準偏差の 2 倍である対称な誤差範囲を描画します。

x = 0:pi/10:pi;
y = sin(x);
e = std(y)*ones(size(x));

figure
errorbar(x,y,e)

誤差範囲のマーカーと色の変更

count データセットを読み込み、3 か所の道路の 1 日の交通量を含む 3 列の行列 count を取得します。各行の count の平均を比較します。

load count.dat;
y = mean(count,2);

各行の count の標準偏差を計算し、2 番目の入力引数に 1 を設定して、サンプル内の要素数で正規化します。

e = std(count,1,2);

3 か所の道路について計算した平均交通量 y と、計算した標準偏差 e をプロットします。赤色、X 印マーカー、ラインなしの指定を LineSpec で設定します。

figure
errorbar(y,e,'rx')

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?