ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

X = erfinv(Y)

説明

X = erfinv(Y) は、Y の各要素に対して、逆誤差関数の逆の値を返します。Y の要素は、区間 [-1 1] に存在しなければなりません。そうでなければ、関数は NaN を返します。関数 erfinv は、−1 ≤ y ≤ 1 と −∞ ≤ x ≤ ∞ の範囲で、y = erf(x) を満たします。

erfinv(1)Inf

erfinv(-1)-Inf です。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?