ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

erfcinv

構文

X = erfcinv(Y)

説明

X = erfcinv(Y) は、Y の各要素に対して、相補誤差関数の逆の値を返します。Y の要素は、区間 [0 2] に存在しなければなりません。関数 erfcinv は、2 ≥ y ≥ 0 と −∞ ≥ x ≥ ∞ の範囲で、y = erfc(x) を満たします。

詳細

すべて展開する

ヒント

逆相補誤差関数 erfcinv と Statistics Toolbox™ の関数 norminv により返される逆標準正規確率分布との間の関係は、以下のようになります。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?