ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

display

テキストおよび数式を表示する

構文

display(X)

説明

display(X) は、X の値を表示します。MATLAB® は、 セミコロンで終わらない変数や式の後に display を暗黙的に呼び出します。

オブジェクトの表示をカスタマイズするには、関数 display でなく、関数 disp をオーバーロードします。displaydisp を呼び出します。

行列を表示する

X = magic(3);
display(X)
X =

     8     1     6
     3     5     7
     4     9     2

入力引数

すべて展開する

X - 入力値変数 | 式

入力値を変数または式として指定します。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?