ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

decic

ode15i の矛盾のない初期条件を計算

構文

[y0mod,yp0mod] = decic(odefun,t0,y0,fixed_y0,yp0,fixed_yp0)
[y0mod,yp0mod] = decic(odefun,t0,y0,fixed_y0,yp0,fixed_yp0,options)
[y0mod,yp0mod,resnrm] = decic(odefun,t0,y0,fixed_y0,yp0,fixed_yp0...)

説明

[y0mod,yp0mod] = decic(odefun,t0,y0,fixed_y0,yp0,fixed_yp0) は、入力 y0 および yp0 を反復に対する初期推定として使用して、要件 を満たす出力値を検出します。つまり、y0mod および yp0mod は、矛盾のない初期条件です。odefun は、関数ハンドルです。関数 decic は、変更する推定要素数を最小限に抑えます。関数 decic で特定の要素を固定するには、変更が y0(i) の推定で許可されていない場合は fixed_y0(i) = 1、許可されている場合は 0 を設定します。関数 decic は、fixed_y0 = [] の場合、すべての要素で変更が許可されると解釈します。fixed_yp0 も同様に扱われます。

「関数のパラメーター化」では、必要に応じて関数 odefun にパラメーターを追加する方法について説明しています。

length(y0) を超える要素は解決できません。問題によっては、この数を解決できないことがあります。また、y0 または yp0 の特定の要素を解決できないこともあります。そのため、必要以上の要素を解決しないことをお勧めします。

[y0mod,yp0mod] = decic(odefun,t0,y0,fixed_y0,yp0,fixed_yp0,options) は、上記のように、オプションの値 (関数 odeset で作成する構造体) で置き換えられる、矛盾のない初期条件の既定の許容誤差 AbsTol および RelTol で計算します。

[y0mod,yp0mod,resnrm] = decic(odefun,t0,y0,fixed_y0,yp0,fixed_yp0...) は、resnrm として odefun(t0,y0mod,yp0mod) のノルムを返します。ノルムが大きすぎると思う場合、options を使用して、RelTol (既定の設定では 1e-3) を減らしてください。

ファイル ihb1dae.m および iburgersode.m は、陰的 ODE を解くために decic を使用する例を提供しています。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?