ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

datenum

日付と時刻をシリアル日付値に変換

構文

  • DateNumber = datenum(DateString)
  • DateNumber = datenum(DateString,formatIn)
  • DateNumber = datenum(DateString,PivotYear)
  • DateNumber = datenum(DateString,formatIn,PivotYear)
  • DateNumber = datenum(DateVector)
  • DateNumber = datenum(Y,M,D)
  • DateNumber = datenum(Y,M,D,H,MN,S)

説明

DateNumber = datenum(DateString) は、日付文字列をシリアル日付値に変換します。日付文字列形式がわかる場合、formatIn を使用します。formatIn なしの構文は、それを含むものに比べて大幅に遅くなります。

シリアル日付値は、事前に設定された固定日付 (January 0, 0000) 以降の日数の整数と小数を表します。

DateNumber = datenum(DateString,formatIn) は、formatIn を使用して各日付文字列を解釈します。

DateNumber = datenum(DateString,PivotYear) は、PivotYear を使用して年が 2 文字で指定されている日付文字列を解釈します。日付文字列形式がわかる場合、formatIn を使用します。formatIn なしの構文は、それを含むものに比べて大幅に遅くなります。

DateNumber = datenum(DateString,formatIn,PivotYear) は、formatIn を使用して各日付文字列を解釈し、PivotYear を使用して年が 2 文字で指定されている日付文字列を解釈します。formatIn および PivotYear は、いずれの順序でも指定できます。

DateNumber = datenum(DateVector) は、日付ベクトルをシリアル日付値に変換し、 日付値が m 個の列ベクトルを返します。ここで、m は、DateVector における日付ベクトルの総数です。

DateNumber = datenum(Y,M,D) は、YM、および D (年、月、日) 配列の対応する要素のシリアル日付値を返します。配列は、同じサイズ (またはいずれかがスカラー) でなければなりません。また、入力引数は、日付ベクトル [Y,M,D] で指定することもできます。

さらに DateNumber = datenum(Y,M,D,H,MN,S) は、HMNS (時、分、秒) 配列の対応する要素のシリアル日付値を返します。配列は、同じサイズ (またはいずれかがスカラー) でなければなりません。また、入力引数は、日付ベクトル [Y,M,D,H,MN,S]. で指定することもできます。

すべて展開する

日付文字列を日付値に変換する

DateString = '19-May-2001';
formatIn = 'dd-mmm-yyyy';
datenum(DateString,formatIn)
ans =
      730990

datenum は、日付文字列に対する日付値を形式 'dd-mmm-yyyy' で返します。

複数の日付文字列を日付値に変換する

複数の日付文字列は、セル配列で渡します。入力日付文字列には、すべて同じ形式を使用しなければなりません。

DateString = {'09/16/2007';'05/14/1996';'11/29/2010'};
formatIn = 'mm/dd/yyyy';
datenum(DateString,formatIn)
ans =
    733301
    729159
    734471

ピボット年を使用して、日付文字列を日付値に変換する

既定のピボット年を使用して、日付文字列をシリアル日付値に変換します。

n = datenum('12-jun-17','dd-mmm-yy')
n =
      736858

この日付値に対応する日付文字列は 12-Jun-2017 です。

ピボット年を 1400 年として、同じ日付文字列をシリアル日付値に変換します。

n = datenum('12-jun-17','dd-mmm-yy',1400)
n =
      517712

この日付値に対応する日付文字列は 12-Jun-1417 です。

日付ベクトルを日付値に変換する

datenum([2009,4,2,11,7,18])
ans =
   7.3387e+05

年、月、日を日付値に変換する

年、月、日の値で指定された日付をシリアル日付値に変換します。

n = datenum(2001,12,19)
n =
      731204

入力引数

すべて展開する

DateVector - 日付ベクトル行列

日付ベクトルは、m 行 6 列または m 行 3 列の行列として指定され、それぞれが m の日付ベクトルの全部または一部を含みます。完全な日付ベクトルには、年、月、日、時間、分、および秒をこの順序で指定する 6 つの要素があります。部分的な日付ベクトルには、年、月、および日付をこの順序で指定する 3 つの要素があります。DateVector の各要素は、小数にすることができる秒要素を除き、正の整数値または負の整数値でなければなりません。要素が通常の範囲外にある場合、MATLAB® はその日付ベクトル要素と前の要素の両方を調整します。たとえば、分要素が 70 の場合、MATLAB は時間要素を 1 ずつ調整し、分要素を 10 に設定します。分要素が -15 の場合、MATLAB は 1 ずつ時間要素を減らし、分要素を 45 に設定します。月値は例外です。MATLAB は、1 未満の月値を 1 に設定します。

例: [2003,10,24,12,45,07]

データ型:double

DateString - 日付文字列文字列 | 文字列のセル配列

日付文字列を、単一の文字列として、または各行が 1 つの日付文字列に対応する、文字列のセル配列として指定します。日付文字列は、すべて同じ形式でなければなりません。

例: '24–Oct-2003 12:45:07'

例: {'15-Oct-2010';'20-Nov-2012'}

日付文字列形式がわかる場合、formatIn も指定してください。formatIn を指定しない場合、DateString は、次のいずれかの形式でなければなりません。

日付文字列形式

'dd-mmm-yyyy HH:MM:SS'

01-Mar-2000 15:45:17

'dd-mmm-yyyy'

01-Mar-2000

'mm/dd/yyyy'

03/01/2000

'mm/dd/yy'

03/01/00

'mm/dd'

03/01

'mmm.dd,yyyy HH:MM:SS'

Mar.01,2000 15:45:17

'mmm.dd,yyyy'

Mar.01,2000

'yyyy-mm-dd HH:MM:SS'

2000-03-01 15:45:17

'yyyy-mm-dd'

2000-03-01

'yyyy/mm/dd'

2000/03/01

'HH:MM:SS'

15:45:17

'HH:MM:SS PM'

3:45:17 PM

'HH:MM'

15:45

'HH:MM PM'

3:45 PM

いくつかの日付文字列形式では、日付文字列を変換するのに十分な情報を含まない場合があります。このような場合、既定で、時、分、秒は 0、日付は 1、月は 1 月、年は現在の年になります。MATLAB は、2 文字の日付文字列の年 (たとえば、'79') を現在の年を中心に 100 年の範囲に入るものと考えます。

formatIn を指定しない場合、以下の点に注意してください。

  • 月を 2 桁 (mm) で指定する形式の場合、月の値が 12 を超えてはならない。

  • ただし、'mm/dd/yy' の形式では、日付文字列の 1 番目の項目が 12 を超え、2 番目のエントリが 12 以下の場合、MATLAB は、その日付文字列を 'yy/mm/dd' 形式であると考えます。

formatIn - 入力日付文字列の形式文字列

入力日付文字列の形式を、シンボル識別子の文字列として指定します。

例: 'dddd, mmm dd, yyyy'

次の表は、文字列 formatIn を構築するために使用できるシンボル識別子を示します。フィールドを区切るためのハイフン、スペース、コロンなどを含めることができます。

シンボル識別子

説明

yyyy

4 桁表記の年

1990, 2002

yy

2 桁表記の年

90, 02

QQ

文字 Q と 1 桁で表記する四半期

Q1

mmmm

フル ネームで表記する月

March, December

mmm

最初の 3 文字で表記する月

Mar, Dec

mm

2 桁表記の月

03, 12

m

大文字の頭文字で表記する月

M, D

dddd

フル ネームで表記する曜日

Monday, Tuesday

ddd

最初の 3 文字で表記する曜日

Mon, Tue

dd

2 桁表記の日

05, 20

d

大文字の頭文字で表記する曜日

M, T

HH

2 桁表記の時間
(シンボル識別子 AM または PM が使用される場合は先頭の 0 なし)

05, 5 AM

MM

2 桁表記の分

12, 02

SS

2 桁表記の秒

07, 59

FFF

3 桁表記のミリ秒

057

AM or PM

日付文字列に挿入される AM または PM

3:45:02 PM

文字列 formatIn は、以下のガイドラインに従わなければなりません。

  • どのフィールドも複数回指定することはできません。たとえば、'yy-mmm-dd-m' は、2 つの月識別子を含むので使用できません。ただし、例外として、dd の 1 つのインスタンスは、他の日識別子の 1 つのインスタンスと組み合わせることができます。たとえば、'dddd mmm dd yyyy' は有効な入力です。

  • AM または PM を使用する場合は、HH フィールドも必要です。

  • QQ は、それだけで使用することも、年の指定子と併用することもできます。

PivotYear - 100 年の日付範囲の開始年現在の年から 50 年を引いた年 (既定の設定) | 整数

2 文字表記の年を含む 100 年の日付範囲の開始年を整数で指定します。ピボット年は、年が 2 文字で指定されている日付文字列の解釈に使用されます。

例: 2000

データ型:double

Y,M,D - 年、月、日の配列スカラー | ベクトル | 行列 | 配列

年、月、日の配列を、スカラー、ベクトル、行列または配列として指定します。これらは同じサイズでなければなりませんが、いずれか 1 つをスカラーにすることもできます。Y,M,D は整数値でなければなりません。

Y,M,D がすべてスカラーまたはすべて列ベクトルである場合、入力引数を日付ベクトル [Y,M,D] として指定できます。

例: 2003,10,24

データ型:double

Y,M,D,H,MN,S - 年、月、日、時、分、秒の配列スカラー | ベクトル | 行列 | 配列

年、月、日、時間、分および秒の配列を、スカラー、ベクトル、行列または配列として指定します。これらは同じサイズでなければなりませんが、いずれか 1 つをスカラーにすることもできます。datenum でのミリ秒は、別個の入力ではなく、秒入力 S の小数部分として認識されます。Y,M,D,H,MN は整数値でなければなりません。

Y,M,D,H,MN,S がすべてスカラーまたはすべて列ベクトルである場合、入力引数を日付ベクトル [Y,M,D,H,MN,S] として指定できます。

例: 2003,10,24,12,45,07.451

データ型:double

出力引数

すべて展開する

DateNumber - シリアル日付値スカラー | ベクトル

長さ m の列ベクトルとして返されるシリアル日付値。ここで、m は、入力日付ベクトルまたは日付文字列の総数です。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 任意の形状の出力を作成するには、datenum(Y,M,D) および datenum(Y,M,D,H,MN,S) 構文を使用します。datenum(DateVector) 構文は、日付値の列ベクトルのみを作成します。

    datenum(2013,[1 3; 2 4],ones(2,2))
    ans =
    
          735235      735294
          735266      735325

参考

|

この情報は役に立ちましたか?