ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

daspect

Axes データの縦横比の設定とクエリ

構文

daspect
daspect([aspect_ratio])
daspect('mode')
daspect('auto')
daspect('manual')
daspect(axes_handle,...)

説明

データの縦横比は、xyz 方向のデータ単位の相対的なスケーリングを指定します。

引数をもたない daspect 自身では、現在の Axes のデータの縦横比を返します。

daspect([aspect_ratio]) は、現在の Axes のデータの縦横比を、指定した値に設定します。xyz 軸のスケーリングの割合を表す 3 つの値として縦横比を指定してください (たとえば、[1 1 3] は、x の 1 単位が、y の 1 単位、z の 3 単位の長さと等しいことを意味します)。

daspect('mode') は、データの縦横比モードの現在の値を返します。これは auto (既定の設定) または manual です。ヒントを参照してください。

daspect('auto') は、データの縦横比モードを auto に設定します。

daspect('manual') は、データの縦横比モードを manual に設定します。

daspect(axes_handle,...) は、最初の引数 axes_handle で指定される Axes について、データの縦横比モードを設定あるいはクエリします。Axes のハンドル番号を指定しないときは、関数 daspect は、現在の Axes について操作します。

関数 の以下の Surface プロットは、データ縦横比を説明するのに役立ちます。最初にプロットは –2 ≤ x ≤ 2、–2 ≤ y ≤ 2 の範囲で、以下のようにして出力されます。

[x,y] = meshgrid([-2:.2:2]);
z = x.*exp(-x.^2 - y.^2);
surf(x,y,z)

データの縦横比を確認して、どのように Surface プロットを描画するかを示します。

daspect
ans = 
     4  4  1

データの縦横比を [1 1 1] に設定すると、それぞれの軸が同じスケーリングの Surface プロットを出力します。

daspect([1 1 1])

詳細

すべて展開する

ヒント

関数 daspect は、Axes オブジェクトの DataAspectRatioDataAspectRatioMode プロパティの値を設定または取得します。

データの縦横比モードが auto のとき、各軸が Figure ウィンドウで使用可能なスペース全体になるように、データの縦横比を調整します。現実のオブジェクトの表現を表示する場合は、正確な比率を作成するために、データの縦横比を [1 1 1] に設定してください。

データの縦横比の値を設定したり、データの縦横比モードを manual に設定すると、MATLAB® の表示域に合わせる (軸を表示域に合わせる) 機能が無効になります。これは、データの縦横比を、その現在の値を含む値

daspect(daspect)

に設定すると、グラフの外観を変更できることを意味します。詳細は、axes の「注意」の節を参照してください。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?