ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

copyfile

ファイルまたはフォルダーをコピーする

構文

copyfile('source','destination')
copyfile('source','destination','f')
[status] = copyfile(___)
[status, message] = copyfile(___)
[status,message,messageid] = copyfile(___)

説明

copyfile('source','destination') は、source と名付けられたファイルまたはフォルダーをファイルまたはフォルダー destination にコピーします。sourcedestination の値は、1 行 n 列の文字列です。絶対パス名か、現在のフォルダーに対する相対パス名を使用してください。ファイルまたはフォルダーを複数コピーするには、source で最後のファイル区切りの後にワイルドカード文字 (*) を 1 つまたは複数使用します。destination には、ワイルドカード文字を使用することはできません。

copyfile('source','destination','f') は、destination が書き込み可能ではない場合でも、sourcedestination にコピーします。destination の読み取り/書き込み属性の状態は変化しません。copyfile どの構文にも f を使用することができます。

[status] = copyfile(___) は、結果を論理スカラー status として報告します。値は成功なら 1、失敗なら 0 です。

[status, message] = copyfile(___) は、警告またはエラー メッセージがあれば文字列として message に返します。copyfile に成功した場合、message は空の文字列となります。

[status,message,messageid] = copyfile(___) は、警告またはエラーの識別子があれば文字列として messageId に返します。copyfile に成功した場合、messageId は空の文字列となります。

すべて展開する

ファイルを別フォルダーにコピーする

現在のフォルダーにある myFun.md:/work/Projects/ にコピーします。

copyfile('myFun.m','d:/work/Projects/')

ファイルをその現在のフォルダーにコピーする

myFun.m を現在のフォルダー内でコピーし、myFun2.m という名前を割り当てます。

copyfile('myFun.m','myFun2.m')

ワイルドカードを使用してファイルやフォルダーを新しいフォルダーにコピーする

現在のフォルダー内の Projects サブフォルダーから、名前が my で始まるファイルとサブフォルダーをフォルダー newProjects にコピーします。このフォルダーは、現在のフォルダーと同じレベルです。

copyfile('Projects/my*','../newProjects/')

ファイルを新規のフォルダーにコピーする

現在のフォルダー内の Projects サブフォルダーの内容を、newProjects が存在しない I:/work/newProjects フォルダーにコピーします。

copyfile('Projects','I:/work/newProjects')

読み取り専用ファイルを上書きするファイルをコピーする

myFun.m の内容を現在のフォルダーから d:/work/restricted/myFun2.m にコピーします。ここで myFun2.m は、読み取り専用です。

[status,message,messageId]=copyfile('myFun.m', ...
'd:/work/restricted/myFun2.m','f')
status =
     1

message =
     ''

messageId =
     ''

1 の status と空白の messagemessageId 文字列により、コピーが成功したことが確定されます。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • destination のタイムスタンプは、source のタイムスタンプと同じです。

  • source がフォルダーの場合、destination はフォルダーでなければなりません。

    • source がフォルダーであり、destination が存在しない場合には、copyfiledestination を作成して source の内容を destination にコピーします。

    • source がフォルダーであり、destination が既存のフォルダーである場合には、copyfilesource の内容を destination にコピーします。

    • source が複数のファイルであり、destination が存在しない場合、copyfiledestination を作成します。

参考

| | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?