ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

contour3

構文

contour3(Z)
contour3(Z,n)
contour3(Z,v)
contour3(X,Y,Z)
contour3(X,Y,Z,n)
contour3(X,Y,Z,v)
contour3(...,LineSpec)
contour3(axes_handle,...)
[C,h] = contour3(...)

説明

関数 contour3 は、四角形グリッド上に定義された表面の 3 次元等高線図を作成します。

contour3(Z) は、行列 Z の等高線図を 3 次元表示で描画します。ここで Z は、xy 平面を底面とする高さとして解釈されます。Z は、最低 2 個の異なる値を含む、少なくとも 2 行 2 列の行列でなければなりません。等高線レベルの数と値は、Z の最小値と最大値に基づいて自動的に選択されます。x 軸と y 軸の範囲は、それぞれ [1:n][1:m] で、ここで [m,n] = size(Z) です。

contour3(Z,n) は、等高線レベルを n として行列 Z の等高線図を 3 次元表示で描画します。

contour3(Z,v) は、行列 Z の等高線図を、ベクトル v で指定された値の等高線を使用して描画します。等高線のレベル数は、length(v) に等しくなります。ベクトル v を指定すると、LevelListMode が手動に設定され、ユーザーが等高線レベルを制御できるようになります。単一の等高線を特定の値で表示するには、両方の要素が希望する等高線レベルと等しい 2 要素ベクトルとして v を定義します。たとえば、レベル i の等高線を 1 本だけ描画するには、contour3(Z,[i i]) を使用します。

contour3(X,Y,Z)contour3(X,Y,Z,n)contour3(X,Y,Z,v) は、XY を使用して Z の等高線図を描画し、x 軸と y 軸の範囲を指定します。

  • XY がベクトルの場合、X の長さが Z の列数と等しくなければならず、Y の長さが Z の行数と等しくなければなりません。

  • XY が行列の場合、これらのサイズが Z のサイズと等しくなければなりません。

X または Y が等間隔ではない場合、contour3 は、等間隔の等高線グリッドを使って等高線を計算した後、データを X または Y に変換します。

contour3(...,LineSpec) は、LineSpec によって指定されるラインのタイプと色を使用して等高線を描画します。contour3 はマーカー記号を無視します。

contour3(axes_handle,...) は、現在の Axes (関数 gca) の代わりにハンドル axes_handle をもつ Axes にプロットします。

[C,h] = contour3(...) は、等高線を定義するデータを格納した「等高線行列」 C とグラフィックス オブジェクトの配列のハンドル h を返します。関数 clabel は、等高線行列 C を使用して等高線にラベルを付けます。contour3 が作成するグラフィックス オブジェクトは、patch オブジェクトです。ただし、引数 LineSpec を指定した場合には、line オブジェクトです。

すべて展開する

3 次元等高線図の作成

関数 meshgrid を使用して、行列 X および Y を設定します。行列 Z の 30 本の等高線をプロットします。

x = -2:0.25:2;
[X,Y] = meshgrid(x);
Z = X.*exp(-X.^2-Y.^2);
contour3(X,Y,Z,30)

詳細

すべて展開する

ヒント

LineSpec を指定しない場合、関数 colormapcaxis が色を制御します。

等高線にラベルを付けるには、clabel を使用します。

contour3(...)contour(...) と同様に機能しますが、以下の点が異なります。

  • 等高線は、対応する Z レベルに描画されます。

  • contourgroup の代わりに複数の patch オブジェクトまたは line オブジェクトが作成されます。

  • 引数の末尾にプロパティと値の組を指定して関数 contour3 を呼び出すことはできません。

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?