ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ColorSpec (Color Specification)

説明

ColorSpec は関数ではありません。MATLAB® グラフィックスの色を指定する 3 つの方法を表します。

  • RGB の 3 要素

  • 省略名

  • 完全名

省略名と完全名は、8 個の定義済み色の 1 つを指定する MATLAB 文字列です。RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0 1] の範囲でなければなりません。以下の表は、定義済み色と対応する RGB 値を表しています。

RGB 値

省略名

完全名

[1 1 0]

y

yellow

[1 0 1]

m

magenta

[0 1 1]

c

cyan

[1 0 0]

r

red

[0 1 0]

g

green

[0 0 1]

b

blue

[1 1 1]

w

white

[0 0 0]

k

black

Figure の背景色を緑に変更するため、省略名、完全名、RGB の 3要素で色を指定します。これらのステートメントは、すべて同じ結果になります。

whitebg('g')
whitebg('green')
whitebg([0 1 0]);

色を定義する必要があるところでは、どこでも ColorSpec を使用できます。たとえば、以下のステートメントは Figure の背景色をピンクに変更します。

set(gcf,'Color',[1,0.4,0.6])

詳細

すべて展開する

ヒント

8 個の定義済み色とユーザーが RGB 値として指定する色は、Figure のカラーマップの一部とはならず、Figure のカラーマップに対する変更によって影響を受けることもありません。これらは "カラーマップ" の色と異なり、"固定" 色として参照されます。

一部の高水準の関数 (たとえば scatter) は、カラー スペック (colorspec) を入力引数として受け取り、作成するグラフィックス オブジェクトの CData を設定するために使用します。このような関数を使用する場合には、CData を設定するプロパティ/値の組の中で colorspec を指定しないように注意する必要があります。CData に設定する値は常に、長さ n のベクトルか、n 行 3 列の行列です。ここで、n は XData および YData の長さであり、文字列は使用できません。

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?