ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コロン (:)

ベクトル、配列の添字、および for ループの反復を作成します。

説明

コロンは、MATLAB® で最も便利な演算子の 1 つです。ベクトルと配列の添字を作成し、for ループの反復を指定できます。

コロン演算子は、次のルールを使用して、スカラー値 ij、および k の等間隔ベクトルを作成します。

j:k

は、[j,j+1,...,k] と同じか、j > k である場合は、空です。

j:i:k

は、[j,j+i,j+2i, ...,j+m*i] と同じです。ここで、整数値の場合、m = fix((k-j)/i) です。i == 0i > 0、および j > k であるか、または i < 0 および j < k である場合、この構文は空行列を返します。

非スカラー配列を指定すると、MATLAB は j:i:k を、j(1):i(1):k(1) と解釈します。

コロンを使用すると、配列の行、列、または要素を選択するためのインデックスのベクトルを作成できます。ここでは、次のようになります。

A(:,j)

は、Aj 番目の列です。

A(i,:)

は、Ai 番目の行です。

A(:,:)

は、等価な 2 次元配列です。行列の場合、これは A と同じになります。

A(j:k)

A(j), A(j+1),...,A(k) です。

A(:,j:k)

A(:,j), A(:,j+1),...,A(:,k) です。

A(:,:,k)

は、3 次元配列 Ak 番目のページです。

A(i,j,k,:)

は、4 次元配列 A のベクトルです。ベクトルに含まれている要素は、A(i,j,k,1)A(i,j,k,2)A(i,j,k,3) のようになります。

A(:)

A のすべての要素であり、1 つの列と見なされます。代入ステートメントの左辺に A(:) がある場合、ある形で保存されていた A の要素を 1 列に並べます。この場合、右辺には A と同じ数の要素が含まれている必要があります。

セル配列または構造体配列にインデックスを付けるためのベクトル (cellName{:} または structName(:).fieldName など) を作成する場合、MATLAB は、コンマ区切りリストを使用して複数の出力を返します。詳細は、『MATLAB プログラミングの基礎』ドキュメンテーションの「コンマ区切りリストの使用方法」を参照してください。

整数と共にコロンを使用する場合

D = 1:4

結果は次のようになります。

D =
    1    2    3    4
 

コロンを 2 つ使用して、要素間に任意の実数のインクリメント値を指定したベクトルを作成する場合

E = 0:.1:.5

結果は次のようになります。

E =
    0    0.1000    0.2000    0.3000    0.4000    0.5000
 

コマンド

A(:,:,2) = pascal(3)

最初のページがすべてゼロである 3 次元配列を生成します。

A(:,:,1) =
     0     0     0
     0     0     0
     0     0     0

A(:,:,2) =
     1     1     1
     1     2     3
     1     3     6
 

文字と共にコロンを使用して、for ループを反復する場合

for x='a':'d',x,end

結果は次のようになります。

x = 
    a
x = 
    b
x = 
    c
x = 
    d

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?