ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

clc

コマンド ウィンドウのクリア

構文

clc

説明

関数 clc は、コマンド ウィンドウの表示から入力と出力をすべてクリアし、"きれいな画面" にします。

関数 clc の使用後は、スクロール バーを使って関数の履歴を見ることができません。しかし、その場合でも、上矢印キー (↑) を使ってコマンド履歴からステートメントを呼び出すことは可能です。

MATLAB® コード ファイル内で clc を使用すると、画面への出力を常に同じ開始位置 (左上) に表示できます。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?